輩の紹介


は ち 好(はちこう)  お目付役

噺家になって31年。
21世紀に向け新しい芸名で初心に返り、頑張って行きたいと思います。
その芸名は、「はち好」です。
亭号はなく、何者にも束縛されず、自由な芸を目指していきます。

私のWebページはこちら → 





春風亭 柳好(しゅんぷうてい りゅうこう)  顧問、指南役

平成12年11月より当落語同好会を指導していただいております。
お顔は笑点の若手大喜利等でご存じの方も多いかと存じます。
今後、師匠のコメント、写真を掲載予定です。乞う、ご期待。




福々亭 笑助(ふくふくてい しょうすけ)

 ちばらく・広報担当、発表会時のめくり・番苦味の他、
 ホームページのイラストなども書いております。
 ホームページの小咄集も八割がたは私の所蔵です。
 落語の魅力にとりつかれて、はや三十ン年、落語道の奥の深さよ。




何亭 浅素(なんてい せんす) 平成19年度会長

 なん:なんと言っても面白く
 て :手軽に楽しめ
 い :粋なところもおりまぜて
 せん:センスのよい
 す :すかっとする落語を目指します

 この度贔屓の方より2番の歌詞?を作っていただきました(本当だよ)。
 ではどうぞ♪ 

 なん:何度きいても 面白く
 て :てんでに楽し
 い :いきのよいシャレ つぎからつぎと
 せん:扇子の運びもイヨッ、プロはだし
 す :素敵な落語を ハア〜なさるのねェ

  いくらなんでもよいしょ見え見え。
  でも、これで「何亭浅素音頭」作っちゃおうかな。
  そこで、曲つくってやろうかというお方連絡待ってます。

  姿は落語会で確かめてね



一笑亭 一若(いっしょうてい いちわか)

 私は子供の頃、親から「大人になっても他人に笑われないように」
 と言われていたのに、それに反して今では笑われようと努力して
 いる親不孝者です。
 芸名のとおり”一回笑うと一才若返る”が私のモットーです。
 皆さん、私の落語を聴いてどんどん若返って下さい。




飛車角亭 と金(ひしゃかくてい ときん)

 いよいよ、ドサ回りの旅(転勤)も終わり、心機一転、
 芸名も新たに「飛」と「角」の間に「車」という字を入れて、
 何事も上手く回りますように「飛車角亭と金」と改名いたしました。
 今まで同様宜しくご贔屓のほどお願い申し上げます。




南風亭 我楽(なんぷうてい がらく) 

・京都出身、メンパーで唯一上方落語を操る。
・生の落語をこよなく愛し、落語会を求めて東奔西走。
・一人でも多くの人に落語のおもしろさを解ってもらうよう日夜努力中。
・生の関西弁が聞きたくなった方はどうぞ落語会にお越し下さい。
但し『そんな関西弁は無い』などと云うツッコミはご遠慮の程を・・・

  



笑皆亭 吉笑(しょうかいてい きっしょう)

 大学時代にうっかり落語研究会に入り、
 まったく聞いたことのなかった落語にはまりました。
 大学卒業後,約5年間のブランクを経て平成14年1月に
 ちばらくに入会し,落語活動を再開しました。
 名前(亭号)の通り,「皆に笑ってもらう」よう
 頑張りますのでよろしくお願いいたします。
 (注)決して「皆に笑われる」ではありません。





御門家 菊之介(みかどや きくのすけ)

 御門家菊之介です。普段働いている所を芸名にしました。
 千葉落語同好会にはうまい落語家もいれば面白い新作の落語家もおります。
 肝心の私は、珍しい落語家を目指してます。珍しい噺を聴きたい方はぜひご用命下さい。
 ネタがかぶらない菊之介です。















メンバーのイラストページへ戻る


はなへ戻る

inserted by FC2 system